トラックドライバーに必要な資格とは?

車を運転する資格である運転免許がなければ始まらない

まずはトラックドライバーになるためには普通免許を取得する必要があります。トラックドライバーは普通免許だけあれば始めることができますが、普通免許は最大積載量が2トン未満となっており、あまり多くの荷物を乗せることができません。トラックドライバーとして活躍するためには、もっと大きな車を運転できるように、準中型、中型、大型自動車免許を取得する必要があるでしょう。普通免許よりも大型免許などの方が高度な運転技術が必要になりますし、運べる荷物の量が増えるため給料を上げることができます。中型は免許の取得条件が運転経歴が2年以上で20歳以上である必要がありますが、準中型は18歳以上ならば誰でも取得可能です。高校卒業後すぐに運送会社でトラックドライバーとして働きたい場合は、まず準中型の取得を目指すのがおススメです。

他に持っていた方が良い資格とは

玉掛作業と言って、クレーンのフックに荷物を吊るし、荷掛けや荷外しを行う作業があります。この作業が行えるのは「玉掛け技能士」という資格を取得している人だけです。無資格の場合、有資格者からの指示の下でしか作業を行うことができません。トラックドライバーは、運転だけでなく荷物を積んで降ろすのも大変な作業です。玉掛け技能士の資格を持っていれば活躍の場が増え、転職活動で有利になるでしょう。他にも似たようなものに、フォークリフト免許があります。フォークリフト免許も玉掛け技能士と同様にトラックドライバーに必要な補助資格です。人の手ではとても持ち上げられないような重い荷物の持ち上げができる資格は運送業界で非常に重宝します。これらのトラックドライバーに必要な色んな資格を取得すれば、第一線でバリバリ活躍することができるでしょう。