トラックドライバーの仕事とは?

トラックドライバーの種類と必要な免許

トラックドライバーとは、主に依頼を受けた荷物を指定の場所に輸送をする仕事です。トラックドライバーの乗るトラックは大型、中型、小型があり、それぞれに必要な免許が違います。小型トラックドライバーは普通免許でも運転することが可能ですが、中型トラックは中型免許、大型トラックは大型免許をそれぞれ所持していないと運転することが出来ません。中型免許は5トン以上11トン未満の大型の自動車を運転することができる免許で、普通自動車免許を取得してから2年以上経過していないと取得することが出来ません。大型免許も同様に11トン以上の大型車を扱えますが中型や普通免許を取得してから3年以上経過してないと取得できません。大きな荷物を運んだり遠距離への移動が多いことから、中型ないし大型トラックドライバーがニーズが高いです。

トラックドライバーに向いている人は

大型や中型のトラックドライバーは主に長距離の移動を伴う為体力を必要とします。日をまたぐことが多く、長時間の運転や睡眠を取る場所も限られてしまうので、慣れるまでは時間がかかる人もいます。また、勤務中は基本的に一人での運転がメインの為、人間関係の煩わしさがなく、一人でコツコツ行うことが好きな人や、そのような環境が苦にならない人が向ている職業と言えます。長距離の運転に自信が無い人は小型トラックドライバーがお勧めです。基本的に大手の運送会社は小型トラックを多く扱っており、集配所間の移動や家庭への荷物の宅配がメインとなるため、長距離間の移動は少なくなります。また、勤務時間も基本的には定められているため日をまたいで運転をするということはありません。

トラック運転手は、長距離を走ることが多く過酷というイメージがありますが、勤務体系は地域や会社のよって大きな違いがあります。トラック運転手の求人は業界の情報が手に入る専用サイトがおすすめです。