トラックドライバーの勤務時間は?

拘束時間についての決まり

トラックドライバーの勤務時間に関してまず知っておきたいのは、運転時間と休憩時間などを足した「拘束時間」のことです。国の基準によると、トラックドライバーの拘束時間は1日に13時間というのが基本になっていますが、条件次第では16時間まで認められています。しかし15時間以上の拘束は週2回までと決められているため、片道で15時間以上の拘束が必要になる運送は、週に1回だけしかできないことになるのです。

そして1カ月間の拘束時間については、合計は293時間までと定められていますが、労使協定を締結した場合は320時間まで可能とされています。ただし、それができる期間は年間で6カ月までであり、年間の合計を3516時間(293時間×12カ月)までに抑える必要があります。そのため、拘束時間が293時間以上の月があれば、超えた分をどこかで減らして調整する必要があるということです。

休憩時間や運転時間についての決まり

トラックドライバーの拘束時間は1日に13~16時間とされていますが、その間ずっと運転させていいわけではなく、当然のことながら休憩時間も設ける必要があります。「休憩時間」については、連続して運転していいのは4時間までであり、その時間走ったら30分以上休憩しなければならないと決められています。しかし、10分以上の休憩を4時間の中で分けて取ることも可能です。 そして、拘束時間から休憩時間などを差し引いた「運転時間」は、2日間で18時間までとされているので、平均すると1日に9時間ということになります。そのため、例えば運転時間が10時間の日があった場合は、次の日は8時間しか運転できないということです。また拘束時間内の、運転時間と休憩時間以外の時間については、仮眠や雑務などに充てられることになります。

小型のトラックドライバーの求人は仕事内容や勤務時間を確かめ、安心して働ける環境を選ぶことがポイントです。